フォントサイズ:

line green

 ウェルビーイングの最新の動き  

line green


ボタン 2016年の総括と2017年のアジェンダ

  2016年の総括

  • 中村が代表となって2年目、財政の健全化と計画倒れにならないシステムづくりに取り組み、一定の成果が得られました。また、アジェンダを設定した事により自分のプロジェクトだけでなく他のプロジェクトの進捗状況を確認することができ、ゼミでの協議や作業を効果的に進めることができました。
  • ロービジョンプロジェクトでの歯科診療台でのシミュレーションはなかなかできない体験でした。またこのプロジェクトを通していろんな方と関わることができました。すでに成果として、福岡視力障害センターとウェルビーイングの信頼関係ができ新たなフィールドとなりました。
  • 定期的に公開講座を実施できましたが、内容が良いにも関わらず参加者数が少なかったことが反省点として揚げられます。筒井先生のフッ化物の話は異分野の人間が聞いても、話の中身や大事にする姿勢は共通していると感じました。いろいろとテーマは広がって人との出会いが起きています。
  • マイクロレクチャーはほとんど作られず何らかの対応が必要です。原因としては自分の顔が出るのに抵抗がある。伝えるべきものがハッキリしない。撮影や話の準備が億劫だ。等々でした。
  • ウェルビーイング、SORA、KWCとの連携は、少しずつ動き始めており各団体の方向性が明確になっています。三つの組織のFacebookでの発信も活発になっています。

    2017年のアジェンダ 

    「蠢(うごめ)く」をテーマに!!

  • WBの事業に関わりのあった先生、マングローブで来てくれた先生にゼミ等に来てもらえるような仕組みを作る。
  • ロービジョンの本を作った後の展開を模索する。
  • ロービジョンプロジェクトの結果を本年の九州口腔衛生学会で発表する。
  • 福岡視力センターの歯科検診が正規の事業として本年採用されることが決まったことを受け、この取り組みが発展、継続できるような仕組みを作る。
  • 公開講座の情宣の方法を検討し実行する。
  • マイクロレクチャーの展開法として、まずは動画を撮影しFace bookにアップする。それを徐々にYouTubeに移行させる。
  • ウェルビーイング、SORA、KWCとの連携は今まで拡大ゼミを実施してきたが、今年は連携がさらに促進されるシステムを検討していく。
  • ホームページの更新をルーティン化し、Face Bookの有効活用をより一層進める。
  • 財政見直しの最終年とする。